家を建てるときは風通しと日の入り具合を重視

できるだけ夏を快適に過ごす事を重要視し、直射日光の入り方、風の通り具合に気を付けて家の設計をしてもらいました。

昔の有名な俳人が、「家を作るなら、夏をどれだけ快適に過ごせるかを最優先に考えろ」と言ってたことが常に頭にありました。

住んでいる地域が南国で、冬の寒さより夏の暑さがこたえるので、できるだけエアコンなしの生活をしたかったのです。

 

まず、西日は必要ないと思ったので、家の西側には一切窓を作らず、ひさしを長くとり、室内に直射日光が入らないようにしました。

そして、風の通りをよくするために、北と南北に大きな窓をたくさん作り、一部は引き違い窓ではなく、蛇腹状にドアを開けられるタイプの窓にしました。(開口面積が全然違います!)
結果、かなり効果的でした!

夏場、直射日光が入ってこないので室内は全く暑くなりませんし、常に風がヒューヒュー通っている状態で夜開けたまま寝たりすると、まるでキャンプで寝ているかのような解放感がサイコーです!以前住んでいた山沿いの西多摩の平屋新築住宅よりも涼しいです。

エアコンも、34℃を超えるなどの特に暑い日以外はつけなくても大丈夫です。

 

近隣の密集度も多少は関係しますが、風の通り、日差しの入り具合はよく考えて作った方がいいかもしれません。

我が家はこの作りに結構満足していますが、遊びに来たお友達とかは、「冬は寒いよね」とか「ちょっと暗くない?」とかいいますので、好みなのかもしれません。