収納スペースをたっぷりとった家づくり

マンション住まいの時は洋室ばかりだったので押入れがなく、造り付けのクローゼットは衣類以外の収納には向かないし、何かにつけて片付けが大変でした。なので、今の注文住宅の家づくりで住まいの設計をお願いした際にこだわったのは、収納スペースをたっぷりとることです。
洋室にも押入れ風収納スペースをつけたりいろいろ工夫しましたが、いざ住み始めてみると、収納にスペースを取りすぎた気もします。しまう場所があると、かえって物をためこんでしまうようです。せっかく作った押入れも、引越し以来1度も開けていない段ボールを詰め込んでいたり、これってもしかして物を捨てれば済むだけのことでは?と思うようになりました。その分部屋を広くした方がよかったかも、と今では少し後悔しています。
唯一収納スペースを広めにとっておいてよかったと思う場所がキッチンです。食品のストックが一目でわかり、日ごろはあまり使わない食器など機能的にしまうことができるようになっているので、とても便利です。ムダなものを買うことが減り、食費も少し抑えられるようになりました。