予算内に素敵な注文住宅を建てるポイント

家を購入するうえで一番大事なのは予算内に収めることです。
注文住宅の場合プランの練っている段階で水回りのシステム、床材やクロス、など家の詳細を考えて行くわけですが、すべて希望のものを入れていると完全に予算オーバーになりがちです。
ここは譲れないポイントを決めておいて、低予算で済ます部分も作っておくことが必要です。
家の総額が上がるということは返済のプランも狂うわけですから大事なポイントになりました。
家だけでなく外構への資金割り当ても必要になるので、気を付けないといけません。

まずは水回りシステムを全て同じメーカーに統一しました。まとめて購入になることで少しは値引きにつながったかと思います。
主人はサウンドシステムがついたヤマハのお風呂も気に入っておりましたが、使用頻度を考え却下しました。
キッチンについてはアイランド型を希望しておりましたが、メーカーのアイランドを導入するより、壁付けキッチンを据え置き、その前に大工さんと建具屋さんに収納棚を作ってもらいました。木の家具とキッチンが融合しコストも落とせて気に入っています。
その他、新築の際に新調しないといけなくなる食器棚も同様に作り付けにしてもらうことで、新築後の家具代の削減と、家の雰囲気や隙間に合うような収納になりました。

やはりこれだけはやりたいという家のポイントを決めてプランを練っていくといいと思います。我が家の場合は木の家、開放的な空間を作りたかったので吹き抜けを採用しましたが、電化代を抑えたいという方にマッチしないかもしれませんし、人それぞれマイホーム像が違うと思いますので、いろいろなショールームを見たり、お友達の建てられた実際に住まれてる家の感想なんかを聞くととても参考になると思います。

PR|羽村市の建替えは信頼の工務店で|